不織布の使い捨てマスクを使用したら痒みが出てしまった。

不織布の使い捨てマスクを使用したら痒みが出てしまった。

以前はそんなことはなかったのですが、最近「不織布の使い捨てのマスク」を使用すると、ちょうどマスクの縁があたる当たりが痒くなるようになりました。

 

たぶん原因は冬の乾燥肌によるものだと思っています。
特に私は冬の乾燥がひどく、頬の周りが粉を吹いたような状態になってしまうんです。
そのため冬場は保湿をいつも心掛けているのですが。
今回は特に秋の花粉症の症状がひどく出てしまったため、常にマスクを使用していました。

 

最初の頃は大丈夫だったのですが、冬にさしかかる頃から痒みが出るように。
コットン素材のマスクを使用すると、それほど症状はでないので、やはり素材だと思っています。
でもコットン素材だと洗濯が面倒。
やはり使い捨てのマスクが助かります。

 

なので最近は、使用する際は縁があたりやすい部分に保湿クリームを先に塗り、保護をするようにしています。
使用しているのはニベアです。
これだとクリームがバリアの役目になるのか、以前よりは痒みが無くなってきました。

 

【40歳・女性/ M.Nさん】